2013年12月25日 (水)

JAみなべいなみ 「トマト梅」

Da131225a

近所の人が、「トマト梅」を持ってきてくれました ・・・ 5年間、梅干しのメーカーにお世話になっていたので、調味梅の知識も多少あるのですが、一口食べて、調味梅独特の匂い(ステビアなど)がなく、後味のすっきりさも、秀逸のものです ・・ ジェル状のトマトをあとからフランクフルトのからしをつけるように、つけるところとか、かなり、考えられた商品です ・・・ 当農園の梅干しも5年前からJAみなべいなみに出荷させてもらっているので、漬物が全国的に売れなくなっている昨今、この商品をみていると、非常に心強く思います ・・・ すこし、ほめすぎましたか ・・・ たまには、良いでしょう ・・・。

追伸

上の画像の魅力に比べて、下の画像のパッケージは、ちょっと貧弱で魅力を伝えきれていないような気がします ・・・ 容器も、化粧箱も、従来品をそのまま、使用していて新鮮な発想が感じられません ・・・ こういう商品は、梅干しに見向きもしてくれない、若い世代に受け入れてくれる可能性をもっています ・・ 梅は自然の健康食品としては、歴史のある、良い商品です ・・ 思い切って、何色かのパッケージをつくってみるとか、トマト型の容器をつくってみるとか、トマトと青梅のイラストを描いてみるとか、とくに、印南町にとって、優糖星(ゆうとうせい)という、トマトも、南高梅の梅干しも、身近すぎるほどに、愛着のあるものです ・・ 印南町の魅力発信には、最適の商品だと思います ・・・ 営業で、東京の小売店を回っていた時期もありますので、最近の食品偽装てきな、話題を見ても、それほど都会も、レベルの高いところでは、ありません、自信をもって切り込んでほしいものです。

1眼のカメラを三脚で固定して、上の梅干しの写真を撮ってみて、ipadで絵を確認しながら、同時に化粧箱のうらの成分表示を見ながら、この文章をかいています ・・ これも、きれいな画像のipad air 効果です。

今日の文章は、JAの頭のやわらかい、前向きな人がみてくれていたら、うれしいなあ・・ 1流の調味メーカーが、良い商品を作るのは当たり前で、あくまで、最前線で走り回っている人が主人公であってほしいものです ・・ 。

Da131225b

| | コメント (0)

2013年8月 7日 (水)

暑い、熱い、立秋

Da130807a


08月07日、季節は立秋を迎えましたが、昼間は猛烈な暑さがこの山里でも感じられます ・・ 特に、梅の干し場が、「かぼらしんはし」のたもとにありますので、今年は周辺の道路の整備のため、ユンボや、ミキサー車、大型車がゆきかいます ・・・ あつい、あつい、2013年の夏が過ぎていきます。

かぼらしんはし 建設の軌跡

| | コメント (0)

2013年5月 2日 (木)

南高梅近況(2013_05_02)

Da130502b

 
南高梅の様子です ・・・ 北海道では雪が降っているとか、当地も5月にしては肌寒い日が続いていますが、陽光をたっぷりと浴び、実が日に日に大きくなってきます ・・・ 青梅のご注文をいただいていますが、1年に1度、なつかしい名前でご注文が入ると、身がひきしまる思いです。

南高梅近況  平成25年05月02日撮影

南高梅の四季

南高梅5月成長期の様子

| | コメント (0)

2013年4月13日 (土)

南高梅近況(2013_04_13)

Da130413b

南高梅、すくすく大きくなっています ・・ 数日前の爆弾低気圧は少々、心配しましたが、今のところ順調に生育しています ・・・ もうすぐ、実の自然落下も始まります。

南高梅近況 平成25年04月13日 撮影 

完熟から干し上げ

南高梅4月幼果期の様子

| | コメント (0)

2013年3月24日 (日)

南高梅近況 (2013/03/23)

Da130324d

 

受粉用のミツバチを、引きあげたあと、はなびらがちり、がくだけとなった様子です。

南高梅の四季 

完熟から干し上げまで

| | コメント (0)

2013年2月27日 (水)

もうすぐ満開、南高梅

Da130227a

午後からは、待望久しい、気温10度以上、風穏やかな気候となりました ・・・ 寒い日が続いていたので、おとなしかったミツバチもたくさん飛んでいました ・・ 山間部なので、まだ満開とはいきませんが。暖かい日が続いてほしいものです。

ミツバチ 平成25年2月27日作成

南高梅の四季 平成25年1月作成

南高梅、完熟から干し上げ 平成25年2月作成 

花、満開のころ

Da130227b_2

| | コメント (0)

2013年2月 7日 (木)

梅の花、ちらほら

Da130207a_2


年明けから、千両小屋を修復しています ・・・ おととしの台風12号でかなり被害が出た千両ですが、印南町からも補助をもらい、すこしづつ修理しています・・

はちの箱を、設置したのに合わせたように、山間部のこの地にも梅の花の咲く時期がやってきました。

和歌山の梅は日本一 ・・ 南高梅の四季 平成25年2月作成

南高梅、完熟から干し上げまで        平成25年2月作成

| | コメント (0)