« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月25日 (木)

さくれい会

Da160225b

印南さくれい会活動の一環で、町内各所の視察に来られた、奈良教育大学の中澤先生と生徒さんが、当農園の千両を見学してもらいました ・・・ 貴重な意見がうかがえありがたい限りです ・・ 下の写真は、わさび田の見学途中で、人生初めてという、モノラックにのられている様子です ・・。

Da160225c
 

| | コメント (0)

きくいも収穫

Da160225a

印南町内で昨年から、取り組んでいるきくいもの収穫がはじまり、出荷前の洗浄作業の様子です ・・ 。

| | コメント (0)

2016年2月24日 (水)

ダウンバースト

Da160224a

ダウンバースト現象 ・・ 積雲、積乱雲から爆発的に吹き降ろす気流およびこれが地表に衝突して吹き出す破壊的な気流 ・・・ 20日昼、印南町をおそった、突風がそう呼ばれる気象状況だったそうで、上は印南町田ノ垣内地内の植林がなぎ倒されています ・・ 真妻でも、倒木による家屋損壊、千両小屋の屋根が壊滅するなどの被害がありました ・・ 台風以外で、山間地である当地が被害を受けることはないと思っていましたが、自然はおそろしいものです・・。

Da160224b

| | コメント (0)

2016年2月21日 (日)

こんぴらさん 鳥居たて

Da160221b

昨年から準備していた、こんぴらさんの鳥居を、みんなで設置しました ・・ だいくさんを中心として、わいわいがやがやと ・・・ 地元の木材をつかって、地元の人が協力して設置と田舎ならではの良さをこういう時は感じます ・・・ 3月13日(日曜日)に会式があり、餅まきもあります ・・・。

昨日は、午後に猛烈な突風があり、被害も出ているようで、当農園も、千両の屋根の一部が、吹き上げられていますが、なんとかなりそうで、ほっとしています ・・・。

Da160221c


Da160221a

| | コメント (0)

2016年2月11日 (木)

千両 土つくりと肥料

Da160211b

ポット千両用の栽培土を作っています ・・ 山の腐葉土と砂、印南町の石橋石油さんがきのこ工場で作っている、肥料をブレンドしていますが、ふわふわな土にするため、ふるいにかけたりと、結構、時間がかかります ・・・ 並行して、肥料もこの時期にあたえています ・・ ポットの千両もだいぶんと大きくなりました ・・・ 。

Da160211c



| | コメント (0)

ワークショップ第2回目

Da160211a_2

昨年の12月に行われた、地域づくり支援員スキルアップ研修の2回目がおこなわれ、東京農工大の福井教授をはじめ、学生さん、県、町の職員のみなさんの助力をあおり、区民で考える地域振興の会に参加しました ・・ いきいき倶楽部という、核施設が出来上がったおかげで、地区の写真を参考にした、打ち合わせも盛り上がり、楽しいゆういぎな会になりました ・・ この区も女性の勢いのほうがつよいので、わいわいがやがやとにぎやかな会になりました ・・・

写真の中に、自分の写真を見つけ、ろくなことは言われないので、回収してきました。

| | コメント (0)

2016年2月 3日 (水)

こんぴらさん

Da160203a

昨年に山から切り出し、地元の大工さんがつくってくれた、地元のお社、こんぴらさんの鳥居にはめこむ木枠の文字を、安養寺の住職に無理をいって書いてもらいました ・・・ 白木に、一発でおさめるので、なかなか頼みづらいものですが、 さすがのプロです ・・・ パチパチ・・ 文字の中の、刀の文字が気になっていたのですが、住職が香川の高松までわざわざ、電話で問い合わせてくれたところによると、正式には「ことひらぐう」と読み、明治以降に建立された,お社には刀の文字を使いだしたそうです ・・ ありがとうございました。

金毘羅さんの鳥居 平成27年9月13日

| | コメント (0)

2016年2月 2日 (火)

和歌山県印南町町長選挙始まる

Da160202a

2月2日午前、2月7日投開票の印南町町長選挙候補者、2期目を目指す日裏勝巳(ひうらかつみ)さんの出陣式の様子です ・・・ 海岸線から中山間地まで、細長い印南町をこの期間中は選挙の車が行きかいます ・・・ 当事者、関係者のご苦労はいかばかりかと思いますが、町民としては、4年に1度、対立候補者が出て、政策の見直しが出来る、この期間はありがたいものになるかもしれません ・・・。

Da160202b

Da160202c

Da160202d

追記 2月2日夕方、当農園の所在する区に来られました ・・・。

Da160202e

Da160202f



| | コメント (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »